Vプリカ

《6.Vプリカ》
三井住友VISAプリペイドe同様規制が厳しく、利用時にSMS認証/電話認証が必要です。

fig5.jpg

fig3.jpg
1.カード番号
クレジットカードと同じ16桁の番号です。
2.有効期限
発行日より1年後の月末となります。
※有効期限が過ぎると、カード番号は無効となり残高も失効します。
3.セキュリティコード
クレジットカードと同じ3桁の番号です。
4.ニックネーム
最大18文字まで設定できます。(半角英大文字)
※クレジットカードの名義人と同じものです。
ご利用するサイトによっては、カード名義やカードホルダー名の入力が必要になります。
その際はニックネームをご入力ください。

Vプリカに関しての詳細はこちら
http://vpc.lifecard.co.jp/index.html
(リンク先の情報・コンテンツは、第三者の運営であり、当ブログとは一切関係ありません。)
スポンサーサイト

三井住友VISAプリペイドe

《5.三井住友VISAプリペイドe》
「Yahoo!JAPAN」、「TSUTAYAオンライン」など、使用は出来ないため、規制が厳しいようです。

img_difference_01.gif
img_method_02.jpg

三井住友VISAプリペイドeに関しての詳細はこちら
http://www.smbc-card.com/prepaid/brand/index.html
(リンク先の情報・コンテンツは、第三者の運営であり、当ブログとは一切関係ありません。)

e-さいふ

《4.e-さいふ》
現在販売中止中です
map_goriyou_01.gif
ca38cdf8.jpg
e-さいふに関しての詳細はこちら
https://www.mun-prepaid.com/
(リンク先の情報・コンテンツは、第三者の運営であり、当ブログとは一切関係ありません。)

Webマネー

《3.Webマネー》


visa_s.jpg

もちろん審査は不要ですが、
1.Webからお申込 ⇒ 2.通知書受取 ⇒ 3.自宅郵送 ⇒ 4.本人確認書類提示 ⇒ 5.カード受取
などの手間がかかってしまいます。


Webマネーが買えるコンビニやそれ以外のお店はこちら
http://www.webmoney.jp/guide/buy.html

visa_s.jpg

Webマネーに関しての詳細はこちら
http://www.webmoney.jp/
(リンク先の情報・コンテンツは、第三者の運営であり、当ブログとは一切関係ありません。)

ちょコムeマネー

《2.ちょコムeマネー》


visa_s.jpg

ちょコムeマネーは、インターネット専用の電子マネーです。
コンビニ・ATM・インターネットバンキング・クレジットカードからちょコム貯金箱にお金をチャージ(eマネーの購入)し、
ちょコムeマネーの加盟店(チケットぴあやローチケなど)でお支払いができます。
また、MasterCardRねっととしてもご利用できます。


visa_s.jpg

ちょコムeマネーに関しての詳細はこちら
http://www.chocom.jp/index.html
(リンク先の情報・コンテンツは、第三者の運営であり、当ブログとは一切関係ありません。)

バニラVISAオンライン

《1.バニラVISA》

visa_s.jpg
バニラVisaオンラインを利用するには、プリペイドカードを購入しなければなりません。
購入はお近くのコンビニエンスストア家電量販店などででき、バニラVisaオンラインの販売価格は5,290円(利用可能金額5000円)1種類となっています。
(10,490円(利用可能金額10000円)(20,890円利用可能金額20000円)は一時販売中止です。)

5000円以上の金額を利用する場合も1枚のカード残高上限金額を3万円まで合算が可能です。

draw.gif
visa_5.png

バニラVISAに関しての詳細はこちら
http://vanilla-online.jp/
(リンク先の情報・コンテンツは、第三者の運営であり、当ブログとは一切関係ありません。)

プロフィール

visapcard

我々の生活に身近な存在となったプリペイドカードの魅力について紹介します。

リンク
QRコード
QR